スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rrサスのオーバーホールとかの巻 <後編>

アレ?! イチゴ日記がもう居ないよ Σ (゚Д゚;)
予想通りな感じだけど、なんか一度もMTBで山走ってなくないですか?(笑)
そもそも女だったのかすら?だったなぁ・・・
そんなあの子も彗星の仲間か

某メンドクサイ代理店にRrサスをOHに出してから1週間ほど経ったある晩
経由した自転車屋さんから電話が来る。
IMG_4589.jpg

やり取りを詳細に書くと長くなるので要約すると以下。
 (って書いたけど十分に長くなった)

 ① 渡されたRrサスは5年経過しているのでOH対応出来ない。
 ② 本当はやらないんだけど、受け取った手前仕方なく分解してやった。(上から目線)
 ③ 見たらスタックダウンしたのを引っ張り出した様な形跡があるし
   ○○が膨張してるし、ダメな部品が多いからOHすると高額になる。
 ④ お前の出したボロサスが神聖な職場の場所を占拠してやがルので
   新品を注文するか、それともこのボロサスを無理して直すのか選べ。
   手を止めてるんだから、回答は直ぐだ。

あまりに面白かったので一部誇張されていますが、
どうも自転車屋さんの私への言葉の選びッぷりから察するに
本当に④はこのままのレベルで言ってきた模様です。
なんちゅうか、もう・・・何て奴だ'`,、('∀`) '`,、
スタックダウンなんかして無ぇよ。

やらないって言ってンだったらバラさなきゃ良かったじゃねぇか?!
バラしたんだったら人を不快にする余計なこと言わなくても良いじゃないか??
とか、まともなこと言ってもどうせ通じないよね。

まぁ、保証的な話もあるしOH金額の事とか言ってることは大きくは間違ってはない。
しかし客商売だ、物には言い方ってのが有ってそこが完全に間違っている。

私もかなり気が短いので有名なので、

『分解にかかった迷惑料を払ってやるから、その場所を
   邪魔してる俺のサスは捨てやガレと言って下さい』
『あ、次のはROCKSHOXのMonarchにするから
             心配するなと付け加えてね』

と申し上げた。

のですが、以前もこの手の話でお客がキレてしまい(当たり前だ!)
実は5年くらいマ○ポと断絶していたのを最近和解したばかりなので
また断絶すると店としてマズいと。
やっぱり独占は良くないねぇ・・・お世話になっている自転車屋さんの手前
( ゚皿゚ )ギリギリ歯軋りしながら
一度電話を切る。
テンションの上がりッぷりを嫁さんに宥められながら
少々落ち付きを取り戻し、仕方なく今回は新品を注文。

FOX RACINGさん! もう私が代わりに代理店やりますよ!(゚∀゚)!
手先も器用ですし、ヒューマニティーが正常です。

その1週間後の週末。
IMG_4606.jpg

お忙しい所、お手を煩わせて”注文させて頂いた”サスが届く。
ブーストバルブ&カシマ版はべらぼうに高いので、庶民の私は
安い方のCTDってモデル。
でも仕様を確認すると、このCTDってのが以前のRP23と同等内容のモデルです。

あらあら、お忙しいのにもう一回組み立てて頂いちゃったりしてまぁ
IMG_4607.jpg

古いのまで戻して頂いちゃって。
コレも奴流の嫌みか? とか、もう完全に疑心暗鬼(笑)

今回大事なのはサスだけじゃなくって、直ぐ死んだベアリング。
IMG_4610_20140128220407d79.jpg

MonotaROから3日で届きました。
NTNのLLU型です。

前回、外すのにあまりに苦労したので結局買ってしまいました。
IMG_4609_20140128220405d27.jpg

ベアリングリムーバーです。
アストロの自転車&バイクサイズ用で8900円。

こうやって、アタッチメントをセットしたら
ネジをクリクリ廻してベアリングを引っこ抜く要領で・・・
IMG_4612.jpg
IMG_4611_20140128225333efc.jpg

おぉ(゚∀゚)! 前回あんなに苦労したベアリングが
予想以上に簡単に外れます♪
入れるのには使えないので前と一緒でボルトとワッシャーで締めて入れます。

前回注文忘れして交換出来なかったフレームのこの場所も
簡単に外せます。
IMG_4613.jpg

ベアリングのゴリゴリ感は自転車屋さんに訊いた所、ベアリングが原因ではなく
フレーム側の精度が悪くて”締め付け過ぎ”で、入れた瞬間から
ゴリゴリなっちゃう事が有ると聞き、チェックしてみると・・・本当だ!
外したベアリングはゴリゴリしてないΣ (゚Д゚;)
困りましたね・・・

でも、取りあえず新品に交換して触ると少々回転に渋りが出る物の
ゴリゴリはしないので取りあえずコレで様子見するナリ。

土曜日に走りたかったので金曜の夜にガレージで作業をしたから
もう寒くて死にそう(;´Д`)
IMG_4614_20140128232310a4f.jpg

PM10:30まで掛かって芯まで冷えた所で完了しました。

次回、新サスを試すの巻。
IMG_4626.jpg

<皆様へ>
↓Blogは僕の日記帳。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Rrサスのオーバーホールとかの巻

先々週だっけな?
子守りの合間におしゃれ1号ことTRANCEをちょっと分解。
IMG_4588.jpg

何でかって言うとですね、

手を付けるのに気が重かったコレ。
IMG_4593.jpg

FOXのRP23です。
OHしようとすると例のメンドクサイ代理店に出さねばなりませんからね。
国内正規で買ってないことも有ってどうしようか迷ってたんです。
彼は並行輸入品でも面倒を見ると言い切ってるンですけど、色々と
一筋縄ではいかない話を聞くし。
ただ、コレばっかりはこの自由長&ストロークの新品が2010年を最後に
リプレース品では無くなってしまってOHするしかないんです( ̄_ ̄)・・・
ROCKSHOXのMonarchにはこのサイズが有りません※
 ※現在はリプレース品で存在することが後に判明。

って事でもう存在を忘れそうになってた最初に付いてた
GIANTオリジナルショックをそこいら中ひっくり返して探し出しました_| ̄|○
IMG_4592.jpg

あ~ぁ? 見た目こんなんだったっけ?(笑)
ストロークが同じハズなのにインナーチューブが長いのが謎のまま。
それにしてもヘンチクリンなデカールがダサイ・・・

せっかく分解したついでに、昨年交換したベアリングを確認すると・・・アレ?!Σ (゚Д゚;)
IMG_4595.jpg

もうゴリゴリになってる(;´Д`)
何で? まだあれから10回も乗ってないし、高圧洗車も全くしてませんよ。
やっぱりNSKじゃ良く無かったのか?
原因は良く分からないけど、ガックリしながらMonotaROで今度こそNTNの
LLU型を注文する。

あはは、ちょっと新鮮(笑)
IMG_4598.jpg
IMG_4597.jpg

こんなんだったっけか?
最初の1年くらいしか付けてなかったのでもう忘れてしまいました。
付けてみるとそんなに悪くありませんね。

コレがね、困ったことに
それなりにエア圧を入れて走ってみると動きも悪くない(笑)
何だ? FOXのは高いだけで実は大したこと無いのか?!
それとも俺が鈍いだけか?
Propedal機構だって最強にしてるんですけど、あんまし有り難みを
感じないんですよねぇ。

と、言うことで時は先週末。
何となく変化を試したくってTRANCEに乗っていつもの里山へ。
IMG_4600.jpg

アプローチの舗装登りで、見たことのある特徴的な”オレンジ色祭”の
MTBに乗った方に追い付く。

面識は有りませんでしたが、バイクで分かりました。
やっぱりのんびりMTBのUnadonさんでした。
IMG_4599.jpg

FOESのMTBが格好いい・・・
ヨシくんもFOES乗りなので興味津々です。
今日は『行かせない』と言う嫁さんから逃げ出して来たので、
出口近くにあったオレンジ号しか持ち出せなかった(笑)とのことですが。
何をしてるんだか。

と言う事で、メンバー1名増えて今日は4人で里山ライド。
IMG_4601.jpg

走り出しこそ寒かったのですが、天気が良くて少し暖かくなりました。
M太郎が2月からまた親会社様に丁稚奉公に出されてしまうので
本日が走り収め。
3年か・・・長いけど時間を感じてる暇は多分ないでしょう。
自分も足かけ5年ほど出てましたが、あっという間でした。
最大の問題は奴が戻ってくる頃には私とヨシくんが年取って弱ってることです(笑)
だってその頃には二人ともアラフィフ・・・('A`)

って、その当人なのですが。
前晩に結構飲んだらしく、来た時からダメだったのですが
1本下った所でギブアップ。
IMG_4602.jpg

最後のライドは完全に不発に終わりました( ̄_ ̄)
無理して来る意味がワカラン(笑)
戻しそうなクセに写真だけ空元気を出してみたりしてます。

Unadonさんが予想外(笑)に上手くてパワーがあるので
先日の派手な転倒以来、ビビッちゃってダメダメの私は大変。
IMG_4603.jpg

2本下って、エクストラコースををUnadonさんに紹介して本日は退散!
Rrショックは予想外に違和感所か全く問題なし。
これでもう良いんじゃないかと思うくらい。
でも、それって単にRP23が大分ダメになってたのかも知れません。
去年夏に乗った時にもの凄くフワフワし始めたのに気付いた位だし。

<皆様へ>
↓次回『やっぱり揉めた(笑)』の巻。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

久々新規山へ遠征の巻 <後編>

山頂広場まで一気に行けるはずだったのに、舗装林道が途中で冬期通行止め。
根性無しの3名がダラダラ自力で登ったせいで、辿り着いた広場でもう昼時。

仕方ないから猛烈な寒さの中、避難小屋で飯を食った所から
お話の再開です。
IMG_4430.jpg

本当に出るんですかね? 熊。
確かにD峠じゃ小さいけど熊見たしな。

景色は最高なのですが・・・なのですが、
あまりにも寒いんだよぉ!
DSC00529.jpg
DSC00532.jpg

12月の標高1700mの尾根に広がる平原。
こりゃ夏だったら最高かも知れませんが、この冬一番の寒気が来てる時に
行く場所じゃありませんでした。
寒風で顔の表面が痛くて、3人とも口がこわばって上手く話せない。
いやね、どうせ登らないからと馬鹿だから標高を確認しなかっただけ(笑)

もうトレイルは路面が凍ってるし、霜柱で凸凹。
IMG_4444.jpg

来るのが完全に1ヶ月遅かったな、コリャ。

他の方のBlogとかで事前踏査した時に書いてはあったけど
前半は登ったり下ったり登ったり下ったり・・・本当に全然前に進まず( ̄_ ̄)
IMG_4452.jpg

幾つ目かのピークで、富士山をバックに記念写真。
まだこの時は余裕がありましたが、この後キツイキツイ。
ざっと地図見てピークが2つくらい来たら後は下りだろ程度に考えていたけれど
ちょっと甘かった(;´Д`)
DSC03057.jpg

直前まで風邪ひいてたので体調も万全ではなく、寒さで体温を奪われて
ドンドンと残存体力が減っていくのが分かります。

ここから本当は楽な下りだったハズだったのですが
気温は低いものの南側斜面は霜が溶けてしまってドロドロで大変(´Д`)
DSC03055.jpg
IMG_4456.jpg

このルートコンディションが良ければ楽しめると思うのですが・・・
やはり来るのがちょっと遅かったと。

こんな時期のなので、ハイカーなんかは全く居ませんが
山師の皆さんに遭遇。
DSC00539.jpg

広場に車を置いてた方々ですね。
訊くと富士山が良く見える様に伐採と整備をされてたとのこと。
上手く出来たのでここが山梨県のHPの写真になったそうです、へぇ~

コンデジなので上手く撮れませんが
DSC00543.jpg

なるほど良い景色が切り取れますね。

この時ローアングルで撮ってたヨシくんの写真がコレ。
DSC03062.jpg

ま、こんなモンか(笑)
光源が厳しいですね、午前中だな。

下りになったらなったで、余りに急すぎてねぇ
せめて霜が溶けて泥ゲチャじゃなければ乗って下りれたのですが
流石にヤバイので止めました。
DSC03078.jpg
DSC03080.jpg

ヨシさんは何故か乗車でスイスイ下りてっちゃいましたが(笑)

後先考えずにサッサと行くと
DSC00545.jpg

こうなりますけどね(笑)
う~ん、この土質だと雨後は完全にアウトだな。
次に来れるのは乾期で梅雨前か。

なんつーか、景色は素晴らしい物が有りますので
IMG_4465.jpg

今度は季節の良い時に歩きでゆっくり来ようかな。
こんなに寒いのはもう勘弁。

冷たい強風の吹く中、ここまで来て有り得ないレベルの急坂の上りが
現れたので、いくら何でも間違ってンじゃないのかと
不安になって地図確認。
DSC00546.jpg

風が強くて地図が読めねぇよ!
余りの寒さに、携帯、デジカメ2号、ヘッドマウントカメラとドンドン
バッテリーが落ちていきます(;´Д`)
リチウムイオンは寒さに弱いですからね。
参ったなぁ・・・こんな時に限ってGPS持って来なかった。
自分ので生き残ってるのはもうデジカメ1号だけ。

シンドイ・・・
IMG_4473.jpg

ここまで既に2時間以上かかって、体力が残り少なくなってきてるのに
この急坂。
日も段々傾いており、明るいウチに里に下りれるのかどうか
段々不安になってきました。
幸い強力ライトは常時持ってるので私が先頭なら大丈夫です。
心の余裕の為に備品持ちましょうね。

オイオイオイオイ、時間かかるハズです。
IMG_4476.jpg

2時間半も彷徨ってるのに、標高がスタート地点の広場と
同じになってしまいました(笑)
登っちゃ下り登っちゃ下り、誰だこんな所MTBで走ろうなんて言った奴は?!(笑)

正直、二人にこの有り様を謝ってばかりです。
もうキツイし、腹減ったし、不安になって来たしで
意味もなくテンションを上げる↑二人(笑)
IMG_4481.jpg

寒風吹きすさぶ尾根でギャーギャー叫んでます。

グジグジ愚痴って後悔ばかりし始めた所で、やっと来ました。
素晴らしいグネグネぶっ飛ばしトレイルが!!
IMG_4479.jpg

でももう日暮れまで時間がないし、カメラも死んで行ってるので
ここから写真があんまし有りません・・・残念。

イヤイヤ本当に素晴らしい!
ここの区間だけ何回も走りたい。
IMG_4482.jpg
IMG_4483.jpg

多分2.5時間彷徨った以上の距離を走ってるのですが、
もの凄いスピードで走れちゃうので実質40分くらいか?
あぁ確かにこの感じのトレイルだと夏場は藪で厳しいかも。

十分に堪能してデポ地の直ぐそばにゴール。
IMG_4484.jpg
DSC00552.jpg

写真じゃ解り難いですが、もう足下が見えなくなり始めていました。

上に置いた車を回収して
撤収する頃にはもう完全に真っ暗。
IMG_4485.jpg

ちょっと危なかったかな。
登りの自走で1.5時間くらいロスしたのが痛かったですね。
素晴らしかったので、万全に準備してまた来ましょう♪
DSC03035.jpg


<皆様へ>
↓真面目に書きました。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

久々新規山へ遠征の巻。

いつもお互い話してますが、
 『約束してなかったら今日は絶対寝てた』
と言うのは本当の話ですね(笑)
今朝はなんかこうなる気がして、約束しなかったので
早朝に鳴る目覚ましを止めて完全に二度寝。
余りに寒くて挫けたのです・・・('A`)

Anyway,”自転車の話をしろ”とまつおさんからわざわざMailが届いたので
仕方なく書きます。

時はちょこっと戻って先月12月半ばの話。
久しぶりに行ったことの無い所に行きたいねとRPP隊3人申し合わせ
今回は珍しく高速に乗って山梨の某山へ向かいます。
IMG_4406.jpg

集合したデポ地は 『夜ぅ~は墓場で運動会♪』 が行われていそうな所(笑)
すげぇな、この寺のルックス。

何かね、この時大寒波が押し寄せてて日本中寒かったんです。
IMG_4408.jpg

日本海側と違って雪が降らなかったのが幸い。

車外に出ると寒くて寒くて3人震えながらMTBを積み替えます。
IMG_4407.jpg

今見ても寒々しい。
本日は全工程が長いのでとっとと出発します。

見上げる山は・・・最後にここに降りて来るであろう山ですが、
IMG_4405.jpg

ヤケに急坂のような( ̄- ̄)
大丈夫か?(笑)
今日の場所は他所のBlogで何年も前から見ていたけど、どこか分からなくて
来れてなかったお山。
いつだったか? 忘れたけれど”ふと”したきっかけで場所が判明、
その後も中々機会が無くて来なかった因縁の山なのです。

ここは山頂まで車でアクセス出来るのが良い所で・・・・
って、林道のゲート締められてる嘘ぉ~! (゚Д゚;)
IMG_4409.jpg

冬季閉鎖の話は聞いていましたが、この直前のヤマレコの情報も見てたし
去年の閉鎖はは1月半ばだったって書いてあったし_| ̄|○

こう言うのってね、大体鍵かかってないんですよ(笑)
どうせ近所のクソオヤジが気分で閉めやがったのは明白なので突入するも・・・
猟銃を持ったその近所のクソオヤジ達に直ぐ見つかって叩き出される(笑)
チキショウ、こうなるのが分かってたら林道管理事務所に先に
許可もらって来れば良かった。
そうなれば、ただの既得権しかないあのオッサン達を黙らせられたのに。
DSC03005.jpg

仕方なくゲートそばの空き地に駐車。
あ~ぁ、まだここから山頂まで1時間以上かかりますよ(´・ω・`)

さっき止められた時に少しでも楽をするのにMTBを下ろしたので
そこまで歩きます。
IMG_4411.jpg

『歩くのも良いよ』とヨシさんにM太郎と二人して語るのですが、
 『有り得ない』
と一蹴されました。 取り付く島もありません(笑)
でもこんなオヤジがある日ハイカーに目覚めるのです m9っ`Д´) ビシッ!!

MTBと合流後も、エッチラ登ります。
DSC03012.jpg

元々少ない体力温存の為、”出来る限り乗らない”と言う我々の初志は
揺るぎない物が有ります(笑)

おぉ~素晴らしい。
DSC00514.jpg

寒いですが、天気がよいので富士山がバッチリ。
それにしても風まで強くてハンパ無く寒いです。

あ~あ~、やっぱり予定よりも凄く時間がかかってるなぁ・・・
DSC03016.jpg
DSC00519.jpg

登るのが遅いから(笑)
ま、景色を楽しみながらクッチャベリながらダラダラと進みます。
それにしても長い。

おっと、こんなに近いのですね。
IMG_4427.jpg
DSC00525.jpg

大好きなD峠があっちに見えてます。
この時点ではまだ積雪無し。
ふ~ん、じゃ12月半ばまで走れるんだな・・・とか考える。

やっと着きました(;´Д`)
IMG_4429.jpg

あのまま車に乗ってれば30分で来たのに
苦節2時間。

ホラ見ろ、山師の方々のと思われる車もあるしやっぱりあのクソオヤジ達は
ただ意地悪して追い出しただけです。
IMG_4431.jpg

この途中も普通に工事をやってたし、測量師も居たし
我々だけを追い出した意味は特に無し。

昼になっちゃったので、ここでご飯にします。
水場は・・・凍ってるけどギリ水汲めました( ̄□ ̄;)
IMG_4433.jpg

冬の水場はあてになりませんね。
注意せねば。

山小屋があるので風よけにここで昼食。
少々寒々しいって言うか、日当たりが悪くて寒い。
IMG_4436.jpg
IMG_4437.jpg

暖かい食べ物が身に滲みます♪

先日書いたお山の話、”長い”と苦情が多かったので
今回は前後編に分けますか?(笑)

<皆様へ>
↓いつ書くとか予告などしない!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

雲取山に登るの巻。

皆様、明けましておめでとうございますm(_ _)m
記事を書きかけている間に年を越してしまいました(笑)
実家に帰っちゃったので暇だけどPCが無くて更新が出来ず・・・

さて、ぶつけてボッコリ腫れたと書いた骨盤横。
腫れてる所が張ってキリキリ痛むので、仕方なく病院へ。
 『血が溜まってるから抜こう』
と言われ、注射器で吸ってもらったら血ではなく水が
ジョロジョロと50ccも出てきましたΣ (゚Д゚;)

楽になって良かった良かった♪
と思ったのも束の間・・・数日でまた腫れて完全に元に戻った_| ̄|○
水が溜まるのが収まりませんヽ(`Д´)ノウワーン
これって私はこれからずっと三日に1回水を抜きに病院に通うのでしょうか?
せっかくなのでペットボトルに貯めてコッソリ誰かに飲ませようと思います♪

Anyway、今回はBlog停滞気味のせいで書いてなかった山行きの話。
既に2ヶ月ほど経過してしまい、時は戻って11月の初旬。

南北アルプスの様な標高の高い山々の紅葉はとっくに終わってしまいましたが
関東周辺の2000m前後の山々はこの時がピーク。
せっかく大枚はたいてテント泊用の山装備を揃えたのですから
冬が来る前にもう一度くらいは使っておこうと前回の南アルプスの
リベンジも兼ねてテント泊山行きにGoです。

鴨沢から登って、山頂付近で1泊。
三条の湯方面に降りて、きつかったらそのまま林道歩いてお祭り経由鴨沢へ。
余裕があったらサオラを歩いて降りようかって感じの予定です。

んで、当日朝。
ちょいと早起きして奥多摩の更に奥の丹波山村の鴨沢へ。
時は紅葉が最高の時期、大混雑するのは見え見えなので金曜日に
休みを取ってきたのですが
鴨沢の駐車場は前泊で寝てると思われる車で既に埋まってました。
DSC00002.jpg

帰りに車に行く際に少々登ることになりますが、仕方なく小袖の駐車場に行くと
そこには何故かヘリコプターが鎮座しており、駐車不能。
作業着のオッサンから指示され、既に何台か置かれた道路脇に駐車。
早く来て良かった 置けなくなる所でした。

準備を整え出発します。
DSC00006.jpg

へぇ、こんな所から入るのね。
荷物は重そうに見えますが、先回の反省からダイブ持ち物を絞っており
水も水場を当てにして最小限にしたので全然軽くなってます。
ってたって日帰りよりは遙かに重いんですけどね(笑)

今度こそ行いが良かったのか? 最高の天気に恵まれました。
IMG_4130.jpg

徐々に標高の低い所まで紅葉が降りてきています。
スタート時はまだ7時だったので寒かったけど、太陽が昇ってくると
若干暑いくらい。

最初は樹間帯のトレイルを登ります。
いやはや気持ちいい♪
DSC00010.jpg
IMG_4124.jpg

何かね、雲取って自分の中でイメージ悪かったんですよ。
本やWEB上で見る写真がイマイチなのが多くって、杉の樹間帯が多いイメージ
だったのですが来てみると全然違うんですね。

暫く歩くと、数軒の廃墟が・・・
IMG_4126.jpg

初めて見るサイズのでっかい猿が出入りしててビックリする (゚Д゚)!
大変失礼ながら、何でこんな所に住んでたんだろう?と考える。
放置された畑をみてもそんなに年月が経ってないので、ちょっと前まで
おばぁちゃんとかが居たんだろうな。

小一時間歩くと、”堂所”と地図に書かれたCPに到着。
IMG_4134.jpg
IMG_4136.jpg

特に何にも無いのです(笑)、この辺から道が尾根の反対側に移り
雰囲気が変わって広葉樹の紅葉が美しくなりました。

凄ぇうるさくって頭に来るのが、朝小袖に居たと思わしきあのヘリ。
DSC00023.jpg

我々が歩く尾根の脇を延々往復してやがってですね、せっかくの静かな山道なのに
バタバタバタバタヽ(`Д´)ノウルサイゾ!

天気が良いので、分かれ道をちょっとだけ回り道して七ツ石小屋へ。
DSC00024.jpg
IMG_4141.jpg

ここに居ました。
あのうるさいヘリです( ̄_ ̄)
小屋にバイオトイレを設置するのに鴨沢の駐車場とここを往復していたことが判明。
それにしても下にいるともの凄い風圧です (゚Д゚;)
ヘリの真下なんて初めての体験。
あの質量の物体を風だけで持ち上げようって言うんだから、
まぁそりゃそうか。

七ツ石小屋からトテトテ登って山頂へ。
IMG_4145.jpg
IMG_4149.jpg

なかなかの眺めなのです♪
これから歩かねばならない尾根道が全部見えちゃって・・・
少々ゲンナリ(笑)
ここでM太郎が新しく買ったボトルを七ツ石小屋付近に落としてきた事に気付き
ちょっぴり凹む。

いやいや、それにしてもスンバラシイ天気です♪
DSC00034.jpg
IMG_4158.jpg
IMG_4155.jpg

本当良い雰囲気です。
実際来てみるモンですね、良い意味で裏切られました。

ズンズン進んでいくと、奥多摩小屋の周辺にテントが沢山。
IMG_4164.jpg

ちょっと訊いてみると、小屋はボロだけどテン泊には雲取小屋より
こちらの方が景色が良いからとのことでした。
ちょっと心が揺れますが山頂までもうちょっとあるし、予定通り
雲取小屋まで行くことにしました。

なんかもう着いちゃったくらいの気持ちで居たんだけれど、
実はここからが結構長かったのです('A`)
IMG_4172.jpg
DSC00063_20140103164024527.jpg

小雲取の急坂が既に長時間歩いてきた身体には非常にキツイ。
朝スタート時に一緒に歩き始めた人達が頂上から折り返して帰ってます。
まぁ背負ってるザックの重さが全く違うものの、日帰りはキツイなぁ・・・

山頂まで後ちょいの所まで来ましたが、テント場の確保を急ぎたいので
巻道を通ってテン場のある山の裏側へ回ります。
DSC00066_20140103164026e8e.jpg

アレが立派と評判の避難小屋か。

着きました。
DSC00068_20140103164028022.jpg

Net上の評判と違って、山小屋のご主人はごく普通(笑)
どうやら評判の悪いヒゲのオッサンとは別人の模様。
大学生の集団が来ちゃってるから、急いで場所取ってとのこと (>'A`)>マジで?!

ちょっと場所を譲ってもらったりして、ギリギリ場所を確保(;´Д`)
先に来て正解でした。
IMG_4182.jpg
DSC00072.jpg

女の子が可愛いのでチョロッとお話。
M太郎にもこう言う能力を身に付けてもらいたいのですが、無理?(笑)
大学2年生ですって! 二十歳か・・・随分遠くなったな。
『騒がしいかも知れません、ごめんなさい』
と言われましたが、全然OKですよ。
学生が少々騒いだくらいで寝れないなんてチマイ神経でギャーギャー言う奴は
山になんか来ないで家で寝てろと言いたい。

テントが張れたので、身軽に山頂へ。
DSC00082.jpg

残念ながら雲が上がっちゃって何にも見えず。

2000m越えか、凄いな。
IMG_4190.jpg

自力で麓からこんなに登ったのは初めてかも(笑)

せっかくなので、おじさんに撮ってもらってパチッと。
IMG_4187.jpg

こんなに道具を揃えたのに、今年2回で終了か・・・
来年はもっと行きたいけど、M太郎がまた他所に丁稚奉公に出されて
居なくなるので暫くは独りになります。

前回の反省はせずにまた無駄に重い食材を背負ってきました(笑)
DSC00088.jpg

M太郎も持って来たので肉三昧♪ 美味い!!
もう食えないって位食って眠気の限界が来て就寝。

2日目。
DSC00146_20140104120157bf2.jpg

夜明け前に起きたら俺らよりも遅くまで起きてた大学生のテントは
既に撤収済み、早っ!
IMG_4204.jpg

ちょっと寂しい。

二人でとっととテントを畳んで撤収します。
IMG_4207.jpg

雨じゃないとこんなに楽ですね。
帰ってからの道具のお手入れも楽です。

寒いと思ったら氷点下になった模様。
IMG_4208.jpg

寒いの嫌なので二人ともモンベルの#2を買っておいて正解。
お陰で服を着込まなくてもとっても快適に寝れました。

読んだ人に怒られるのを覚悟で正直なことを書きます。
馬鹿なことをしてしまいました・・・
IMG_4212.jpg

行くなと書いてあるのに、山頂から廻るのメンドクサイからと
通行止めの巻道を通ったら、途中で完全に登山路は消失。
無理して岩場を降りたりした後だったのでもう今更戻れず。
二人して命の危険を感じながら滑落ギリギリで2.5時間、何とか正規路に戻りました。
ある意味早い段階で身体で知って良かった、本当に死んだかと思ったので二度としません。
GPS持ってなかったらマジでやばかったかも。

命の危険が無くなってホッとして力が抜けましたましたが、
もの凄く時間をロストしたので取り戻す為ズンズン歩きます。
IMG_4216.jpg

尾根道で風がもの凄く強くて寒い!
けど、ウインドブレーカー着ると日だまりで暑い・・・難しい。

アレ?! (゚Д゚;)
DSC00148_2014010412145802e.jpg

何故かBlogで見た事のある景色が・・・ん? 三条の湯に降りようとしてるのに
分岐を過ぎて狼平の方に来ちゃってる!!
あぁ・・・誰かが書いてたのを思い出した ( ̄_ ̄)
ここいらって地図上の分岐が実際の場所とズレててGPS見てると間違うんだ。
めっさムカ付きましたが、仕方が無いので戻ります。
畜生また1時間近く無駄した。

有り得ないくらい戻って三条の湯の分岐を発見。
ちょっと休憩して気を取り直して、またズンズン歩きます
IMG_4222.jpg

山頂付近はもう終わっちゃってますが、ちょっと降りると
紅葉がキレイキレイ。

良い径ですねぇ・・・
IMG_4232.jpg
IMG_4225.jpg

下りがきつくて足が痛いのを除けば・・・
サスガに腿と膝に来るなぁ。
ちょろちょろ歩かずに大股でバンバン歩くと下りも少し楽だと判明。
ただ、安靴なので足が靴内でズレてつま先が当たって痛い。

更に歩いて三条の湯に到着です。
IMG_4246.jpg
DSC00155.jpg

へぇ、こんな感じだったんだ。
前からNetでは見てたけど初めて来ました。
酒飲みだったらここに泊まって酒をチビチビ静かに飲むのも良いかも。
私は飲めませんが。

余裕があったら、サオラに登り返してと思っていたのですが
3時間以上も時間をロストしたし、残り体力を考えるとちょっと厳しいのでパス。
IMG_4248.jpg

つまんないですが、今回は諦めて後山林道を歩いて帰ります。

この林道がまた無駄に長くってね、CTで2時間45分の長い道のり。
紅葉がキレイなのが幸いです。
IMG_4255.jpg

何故か私もM太郎も疲れも感じずメッチャメチャ調子が良いのです。
'`,、('∀`) '`,、だけどね、二人とも子供じゃないのでもう分かっています。
これは間違いなく電球が切れる前の最後の輝き。 多分休んだら完全に終わります。
なのでなるっだけ休憩せずに一気に行く作戦にしました。

小走りくらいの勢いで歩いて 林道終了!
IMG_4257.jpg

疲れたぁ、やっとこ国道に出ました。
凄い勢いで歩いたのでCTの6割ほどで着きました。

車を置いた鴨沢まで舗装路をチョロッと歩きます。
IMG_4259.jpg

舗装路って凄く歩きやすいね(笑)
この後二人とも汗ぎっちょなので、小菅の湯に滑り込みで入れてもらって
汗を流して今回の山行き終了。

2回目も反省点が多く出ましたが概ね成功としよう。
靴はこの荷物を背負うんだったらやっぱり買い換えないとダメですね。
下りで圧迫されたせいで親指の爪が両足とも死んでしまい真っ黒に('A`)

さぁ、やっと書き終わったぞ。
DSC00151.jpg

<皆様へ>
↓つぎは暮れに行った山の話
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

カウンター
プロフィール

ナタジゴ

Author:ナタジゴ
Bike&Bicycle両方好きな家庭持ちのブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。